見直しは重要

契約内容を見せる

保険見直しは、ライフステージごとに相談をすることです。就職をして、その後に結婚をする、住宅を購入する、子供の出産、子どもの学校入学、子供の独立、定年退職、人生の大きな節目のときに保険見直しは必要になります。必要保障額は子供が産まれた時に一番大きいです。その後は、年々必要保障額が少なくなっていきます。そのため一度加入した保険から一回も保険見直しをしていないとなると、保障内容が今とあっていないことになります。つまり、必要保障額があまりいらないのにもかかわらず必要保障額が多額に設定されているとなると保険料を払いすぎていることになります。それを保険相談することで、無駄を省くことができます。保険料の節約になります。

保険見直しをするのはなぜかというと、保険に悩みを抱えているからです。まず保険に加入をしたはいいが実際のところ保険の仕組みを分かっていない、どんな種類の保険に加入しているかもわからなければ保障内容も当然分かっていない、保険料が家計を圧迫しているなどといった悩みを抱えている方が多いのです。そこで保険相談をすることです。保険見直しには、大きなポイントがあります。保障額を減額させることができます。保障額は必要な分だけつければいいのです。多ければ安心ということもあるのですが、それだと必要以上に保障額をつけていることになります。そして解約です。解約して新しい保険を選び直します。最後に払い済保険です。貯蓄性の高いものでしたらそれを活用することができます。