依頼する前に知ろう

握手をもとめる男性

社会保険労務士に依頼する場合には気を付けておきたいことがあります。社会保険労務士は扱う領域が広いため得意とする点がそれぞれの社会保険労務士ごとに異なる場合があります。その為依頼する側の要望や会社の規模、業種などに合った社会保険労務士を選ぶことが重要です。社会保険労務士はめまぐるしく変わる法律や様々な就業形態に対応出来なければいけませんので、ただ資格保有者というだけで判断するには注意が必要です。社会保険労務士は取り扱う領域が広いのため、どこまでが基本報酬の範囲内で対応してもらえるのか契約前に確認しておくことが必要です。社会保険労務士には専門的な知識はもちろん必要となってきますが、専門知識の押し付けのような社会保険労務士だと困ります。コミュニケーションも含めて相性の合う人を選ぶことが大切です。

社会保険労務士に依頼すると様々なメリットがあります。社会保険や労働保険などの手続きや従業員の給与計算などを依頼すると迅速かつ正確に行ってもらえますし、また外部委託することにより人件費を抑えることができます。労働問題や人事問題など社内の人間だけでは対処しきれない問題に対しても専門家としてトラブルを回避または解決することができます。また労働基準監督署などの調査に関しても対応してもらえます。残業代の削減や法定福利費の抑制などコスト面に関してのアドバイスもしてもらえます。助成金に関しては、どの助成金を利用したいか決まっている場合には申請代行をしてもらえますし、助成金のことが良く分からないといった方には情報提供や様々なアドバイスをしてもらえます。このように社会保険労務士は事務作業を委託するだけではなく、コンサルティング業務もしていますので利用すれば会社経営の助けにもなります。